葬儀を執り行なう場所探し【故人の供養サポートネット】

葬儀会場

孤独死の対処

男性作業員

大阪にはたくさんの賃貸アパートが建っていますが、賃貸アパートの住人が孤独死するケースが増加しています。孤独死の発見が遅れると、遺体の腐敗が進んで室内が大変なことになってしまいます。でも、遺品整理業者に依頼すれば、室内をキレイに片付けてもらうことができます。

View Detail

業界の努力

合掌

三つの役割

葬儀には大きな役割が三つあります。なくなってしまった人の魂をあの世に送り出すという宗教的なもの、そして残された家族や友人知人が故人とお別れをするという社会的なもの、そして残された家族が儀式を通して悲しみを癒していくという精神的なものこの三つが大きな役割になっています。現在は地域のコミュニテイーが薄らいできており葬儀全体が業者に任せられる傾向に高津区でもなっています。その一方でこの業界のイメージはあまりいいものではありませんでした。死体を扱うという点や費用の中身が不明瞭であったりとあまり芳しくない批評を受けていましたが平成に入りこの業界はこうした点を改善しようと大きな努力を行いました。葬儀費用の見積書の提出など高津区でも業界を挙げて改善に努めています。

業界のイメージの脱皮

またこの業界は1996年に葬祭業に従事する人の知識技能を審査して、一級と二級の葬祭デイレクターを認定するようになりました。高津区でも多くの業者の従業員がこの資格を持っています。この制度を通してこの業界の意識やモラルの変革が成し遂げられていきました。以前とは異なって葬祭業を悲しみに暮れる人のために働く素晴らしい仕事であると考える人が多くなってきています。葬儀業者には大きく分けて専門業者と互助会があります。専門業者は葬儀を専門的に扱うのに対して互助会は葬儀だけでなく婚礼も行っている会社だということです。毎月掛け金を払い婚礼や葬儀の時には積み立てていたお金を利用することができます。高津区にも互助会がありますがこの互助会はお金を預かっているという観点から国の許可が必要になってきます。

遺品の整理を行う専門業者

業者

東京には一人暮らしの高齢者が多く、死後数日経ってから発見されることもよくあります。そのような時は遺品整理が必要になりますので、専門の業者に頼むと便利です。一人暮らしの高齢者は死後のトラブルをなくすために、自ら遺品整理しておくことも大事です。

View Detail

高齢者が増えている

ろうそく

葬儀は誰でもよくわからないものなのです。しかも粗相がないようにしなければいけないので、専門の葬儀業者の力が必要となるでしょう。大田区でも、高齢者が多く葬儀業者の需要が高まっています。特にお寺様の手配をしてくれる業者は人気があります。

View Detail